土地と不動産で差が付く相続の損得勘定 土地には減額要素がある



土地家屋調査士って?

不動産の「法律」と「技術」のプロ、それが私たち土地家屋調査士です。

 

土地家屋調査士制度は、

不動産の登記手続の円滑な実施
国民の権利の明確化

を目的に、昭和 25 年 7 月 31 日に創設された国家資格です。

あなたの大切な財産である土地や建物は、法務局(登記所)にある
登記簿に記録することにより、その権利が保全されます。

私たち土地家屋調査士は、
その土地や建物がどこにあってどのような形をしているのか、

またどういう用途に使われているかなどを調査・測量して、
図面の作成・申請手続などを行う、測量及び法律の専門家なのです。

現在、全国には約 18,600 人の土地家屋調査士がおり、
それぞれの地域に貢献しています。

その業務には、法律的判断と高度な技術を必要とし、
常に厳正中立な立場から、公正で適正な判断を心掛けています。

特に、境界を確認するときは、可能な限り関係する資料を収集し、
現地の状況(物証)、地図や協議書(書証)、関係人の意見(人証)を参考に、
法的根拠と信念を持ってアドバイスをしておりますので、
決して声の大きい人に押されるようなことはありません。


境界標の設置数は、全国で活躍している土地家屋調査士の手によって、
毎日数万本に及ぶはずです。

もし、境界標についてご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

土地家屋調査士の関わり

では具体的に、私たちがどういう場面でお手伝いをさせていただくのか、
土地を買って家を建てるという事例でご紹介します。

場面
土地家屋調査士
他の資格者
土地を買う
土地の境界を確認し
境界確定図を作製します。
宅建業者:
売り買いの仲介をします。
不動産鑑定士:
適正価格を計算します。
行政書士:
役所への提出書類を作ります。
税理士:
税金を計算します。
司法書士:
権利の登記をします。
建物を建てる
敷地に接する道路についての
諸手続をお手伝いします。
建築士:
建物の設計などをします。
建物の登記

建物を測量し、
表題登記を申請します。

司法書士:
権利の登記をします。

 

よく似た資格者

  • 測量士
    その名の通り測量のプロです。ただ、どちらかというと広い範囲(町全体や山全体など)を測量します。 境界を確定したり、登記をするための測量は土地家屋調査士が行ないます。

  • 司法書士
    権利関係(所有権や抵当権など)の登記を行ないます。
    その前段階として、対象となる土地や建物の所在や面積、用途などの登記(表題登記)を土地家屋調査士が行ないます。

  • 不動産鑑定士
    土地や建物の適正価格を算出します。
    測量や登記手続などは土地家屋調査士が行ないます。