自筆証書遺言 作成の要件
  1. 全文自書
    原則、遺言書の全文を遺言者が自分で書かなければなりません。
    ワープロ、点字機などを用いたものや、テープレコーに
    録音したものなどは無効です。

    ※平成31年1月13日から、添付する財産目録については、
     自筆でなくても良いことになりました。
     たとえば、不動産の登記事項証明書や通帳の写しを添付できます。
     ただし、財産目録の各頁に署名押印が必要です。ご注意ください。

    様式について制限はありません。
    縦書き、横書きいずれでも構いませんし、
    1枚の用紙に収める必要もありません。
  2. 日付
    作成年月日のない遺言書は無効。
    日付の記載により、遺言の成立時期が明確になり、作成時の遺言能力や、
    複数の遺言の前後関係が判断できるからです。
  3. 氏名
    遺言者が誰なのか?および遺言者本人の意思に基づく遺言であるかを
    判断するために氏名の自書が要求されます。

    氏名は、本人の同一性が認識できれば、通称でも、
    氏または名を自書するだけでもよいとされています。
    (※無用なトラブルを回避するため本名を書くべきです)

    しかしながら、氏名の記載が全く無いものは無効。
    たとえ全文の筆跡から、本人の自書であることが立証されたとしても
    無効になるので注意。
  4. 押印
    印は実印でなく、認印でも拇印でもよいとされています。
    ただし、偽造や変造を避けるため実印を用いる方が良いでしょう。