ある駅近くの住宅地一体を所有しています。

住宅地を通る道や、田んぼに通る道もそうです。

先祖代々、受け継いできました。

「固定資産税も高いし、

 相続のことも考えなくては!」
と思っていました。

相続対策のご相談を頂きました。

所有されている土地について調査を行いました。

すると、住宅地を通る道や、田んぼに通る道も
全て、宅地課税されていることが判明しました。

さかのぼれば明治32年
旧耕地整理法制定時からの提供道路です。

その道路に対して、年間140万円の固定資産税を払っておられました。

これらの公共性が高い私有道路は、非課税評価されるべきなのです。
しかし、まれに見落としがあるのも事実です。

過去5年にさかのぼり嘆願請求を行いました。
その結果、700万が還付されました。

気がつかなければ、誰も教えてくれません。

例えば、年間140万の固定資産税、
知らずに払い続けると、10年で1400万円

20年で2800万円。

気がついて嘆願請求をしても還付されるのは過去5年分のみ

払いすぎて損をする前に、見落としがないか調査することが大切です。

非課税評価されるべきあなたの土地は、
課税対象になっていませんか。