3年前に郊外の駅近くの土地を相続しました。

相続税は何とかその時に完納しました。

せっかくの土地が活用されないまま、
固定資産税を払い続けている状態でした。

そこで、その遊休地を有効に活用したい
と考えたのです。

まず、土地の立地や住環境について調べることにしました。

調査をすると、所有されている土地の一部が
都市計画道路予定地だということが判明しました。

都市計画道路の区域内にある土地は、建築制限など宅地としての利用に
一定の制限を受けるため評価減の対象となるのです。

その事を、全く知らなかったこの方は、3年前に相続税を完納。
払い過ぎていたことが分かりました。

そこで、更正の 嘆願申請 を行いました。

その結果、500万円程が還付されました。

 

あなたの土地は、評価減の対象となる、
法律上の制限を受けてはいないでしょうか?

知らずに税金を払いすぎていないでしょうか?

きちんと立地や住環境などを調査することで、明らかになります!